銀行カードローンの審査や特徴・メリットとは?

MENU

銀行カードローンの審査や特徴・メリットとは?

 
カードローンというローン商品を銀行が主力商品として提供するようになったのは最近のことです。
貸金業法の総量規制に消費者金融が苦しめられているにもかかわらず、そのような融資制限がない銀行系カードローンは勢力を伸ばしたのです。

しかし、銀行系カードローンは審査が厳しいと言われることも事実です。また年収が少ないと消費者金融より融資限度額が低くなることさえあります。どうしてこのようなことが起きるのでしょうか。

 

銀行系カードローンは、消費者金融に比べて金利が低めに設定してあります。同じ金利では特徴が出せないためであり、おかげで人気になっています。

 

しかし、金利が低いことは望ましい事ばかりではなく、デメリットも存在します。

金利が低いことにデメリットがあるのかと言われるかもしれませんが、金利が低いと貸出の際にリスクを取れなくなるというデメリットが生じます。具体的に言うと保証料を取れないので、リスクを取れなくなってしまうのです。

 

お金を貸す場合、返済してくれないというリスクが同時に生じます。このようなリスクに備えて保証料を取っているのです。もっとも、保証料は金利に含まれているので、通常意識することはありません。しかし、銀行と消費者金融の金利差は保証料の差なのです。

 

このような理由で銀行系カードローンは一般的に審査が厳しいと言われています。

ただし、オリックス銀行のように最高金利が17.8%と大手消費者金融のプロミスと同程度の金利を適用する場合は、リスクが取れるので必ずしも審査が厳しくなるとは限りません。

 

銀行系カードローンは、総量規制という融資制限がない点が主な特徴ですか、その特徴を受けることができるのは年収の多い信用力がある人に限定されるのです。