銀行カードローンで在籍確認の電話連絡をなしにできるのはどこ?

MENU

銀行カードローンで在籍確認の電話連絡をなしにできるのはどこ?

低金利で長期のローンが組みやすいのが銀行カードローン。
銀行カードローンの審査で必ず行われる在籍確認ですが、

勤務先への電話確認は必ず行われるのでしょうか?また銀行カードローンで在籍確認の電話連絡を回避することは可能なんでしょうか?

最近は大手の消費者金融では在籍確認の電話連絡を行わないところも増えつつあります。しかも電話なしを希望していることを伝えれば回避も可能です。ですが、銀行の場合はほとんど行われると思っておいたほうが良いかもしれません。

 

とはいえ、実際には、最初の融資額が少ない場合や、すでに銀行の口座を持っている場合は、希望しなくても在籍確認の電話連絡をなしで借りることができたという報告もあります。なので、最初の融資希望額は少なめで申込むのが良いのではないでしょうか?

銀行カードローンの場合、在籍確認の電話はどのように行われるのでしょう?

 

消費者金融と異なるところがあります。それは、銀行からかかってくる電話は、銀行名でかけてきます。消費者金融の場合は、消費者金融名を名乗ってかけてくることはありませんが、もし消費者金融を名乗ってかけてきた場合、すぐにキャッシングとわかってしまい、借金していることがダイレクトにバレてしまうので、消費者金融側も配慮をしているということになります。

 

銀行カードローンの場合、電話確認は銀行名でかかってくることがはあります。銀行からの電話を怪しいと思う人はいないと思うので大丈夫ですが、それでも要望があれば、お客様の要望により、個人名でかけてきてほしいというリクエストに応えることも可能です。
銀行カードローンの場合、消費者金融と違って、審査をするのは提携している会社が行います。その場合、在籍確認の電話確認でかかってくるのは銀行名ではなく、審査を行う会社の名前になってきます。その場合は、担当者の個人名でかかってくるということになります。

消費者金融より銀行カードローンを選ぶ理由

お手軽なイメージのある消費者金融ですが、銀行カードローンを選んでほしい理由を紹介します。
低金利な銀行カードローン

銀行カードローンについては借入額ごとの金利がはっきりと表示してありますので、いくら借りればいくらの金利で支払っていくのかが明確です。もちろん銀行の融資ですのでどの借入額でも金利は低めなので、返済期間を長く設定した長期ローンでは無理なく返済していくことができます。

 

年収の3分の1を超える融資も可能

消費者金融と違い、銀行カードローンは総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超える借り入れも可能になります。個人事業主の方やフリーランスの方でも事業資金の一部として高額融資を受けることが可能です。

 

長期ローンなので高額融資の負担が軽い。

消費者金融だと、高額融資の場合に利息がとても高くついてしまい、月々の返済額もついつい無理をして高く設定してしまいます。そうなると月々の負担により支払いが滞るといった、お金を借りる上で最も避けなければならない状況に陥ってしまいます。収入に無理のない範囲での返済が大事です。

 

収入証明書などの書類提示の必要がありません。

消費者金融では50万円を超す融資に関しては収入証明書の提示が必要ですが、銀行カードローンでは200万円や300万円などの高額融資までは提示の必要がないところもあります。

銀行カードローン、総量規制対象外でおすすめはどこ?

総量規制対象外の銀行系カードローンを選ぶ際のポイントを考えてみましょう。
まず、金利が低いことは大前提です。

同じ銀行でも信用によって金利差を付けることがありますから、商品内容は要チェックです。例としてみずほ銀行カードローンのエグゼクティブプランとコンフォートプランが挙げられるでしょう。両者の差は、金利差だけではなくサービス内容にも及びます。

 

次に利便性を考える必要があります。いくら金利が低くても、利用できるATMが少なかったり、手数料が必要だったりすると意味がないためです。

 

この点、三井住友銀行カードローンは支店数が多いため、使い勝手がいいです。また、コンビニATMの利用手数料が無料なので、利用も返済も自由自在です。金利は低めと言われる銀行系カードローンですが、繰上返済をすることで更に有利な利用が可能です。

 

また、利用や返済の方法に融通が利くとありがたいでしょう。

オリックス銀行カードローンは、ネットからでも自分名義の口座に振込入金してくれますが、銀行系カードローンとしては珍しく、オリックス銀行以外の銀行にも振込をしてくれます。しかも、指定できる口座は1つではなく2つなので、状況に応じて使い分けが可能です。

 

また、返済もネットバンキングを利用する事ができるため、わざわざコンビニATMなどまで行かなくてもパソコンだけで繰上返済が可能です。

 

銀行系カードローンのような総量規制対象外のカードローンは、消費者金融より後発組であることが多いです。そのため、サービスを充実させて差を付けようとしていることが多いです。

 

消費者金融のような派手な宣伝をしていることは少ないのですが、実際に使ってみると使いやすく有利な借り入れができることが多いです。